Arweave.news

Wrapped ARによる、Arweaveエコシステムの新しい強力なユースケースの解放

0 117

Original by Xylophone

Wrapped AR(wAR)は上陸したばかりで、Arweaveトークン保有者やエコシステム内のビルダーにとって、さまざまなエキサイティングな新しいユースケースを可能にするものです。DeFiアプリケーションeverPayのクリエイターであるeverFinance DAOは、ARをロックしてwAR(イーサリアムネットワーク上で動作するARトークンのラップバージョン)をミントすることを可能にする、マルチシグネチャウォレットを発表しました。

知らない人のために説明すると、ラップされたトークンはチェーン間の相互運用性を可能にします。Arweaveブロックウィーブとイーサリアムのブロックチェーンは直接互換性がありませんが、ARをERC20トークンとしてラップすることで、ARをDeFi空間の他のトークンと同様にプール、ファーミング、ステーク、スワップすることが可能になります。

wARとは何ですか?

wARはeverFinanceによって作られたERC20トークン(コントラクトアドレス)です。everFinanceはスワップを促進する責任を負うDAOで、ARは彼らの保管庫に入り、彼らは見返りとしてwARを提供することを意味しています。すべてのwARトークンはARと1:1の価値を持ち、いつでもネイティブトークンにスワップバックすることができます。

wARは何のためにあるのか?

ラップされたARはArweaveトークン所有者にdAppsのイーサリアムエコシステムへのアクセスを提供し、より多くのスワップの選択肢を提供します。ARを保有し、wARとスワップした場合、その後wARはUniswapがサポートする任意のトークンと取引することができます。

 

現在、UniswapではこちらのwARプールが稼働しています。

ARからwARにスワップしてイーサリアムサービスを利用するだけでなく、ユーザーはwARを購入し、ネイティブARにスワップすることができます。EverFinanceが述べるように、この背景には、非中央集権的な方法でARを入手することが困難であるという理由があります。

(wAR以前は)ユーザーはARfaucetを通じて少量のARを入手するか、Binanceのような中央集権的な取引所でARを購入するだけでした(中略)我々は、ARを直接入手する分散型の方法を切実に必要としているのです。

wARは、取引所からArweaveウォレットへの出金サポートが不安定なBinanceを避けながら、ETHとARを簡単に交換することを可能にします。ArDrive、Koii、decent.land、CommunityXYZなどのArweaveアプリを利用するにはARが必要なので、これはエコシステムを支える上で重要です。

ARのラッピングのしくみ

EverFinance DAOは、wARがARと1対1で固定されていることを保証し、3つのノードの組み合わせを使用して交換を促進します。コーディネーターは、チェーン上のトランザクションを検証して含み、ウォッチマンはArweaveからトランザクションをロードして状態を取得し、トランザクションを検証してProposalHubに提案を作成します。ProposalHubは、AR ➞ wARの取引であろうと、その逆であろうと、取引を実行する。このプロセス全体は、検知器を使って誰でも監視することができます。

 

(出典)

wARの入手方法

最近CoinGeckoに掲載されたので、wARは検索によってUniswapで発見することができます。Uniswapがサポートするトークン(ETH、DAI、USDT、USDC、WBTC)の保有者は、例えばメタマスクを使ってイーサリアムのメインネットワーク上でこれらをwARにスワップすることができます。everPayを使えば、0.1ARの手数料でARを入金し、wARを出金することが可能です。wARのミントコストは10-20USDであるにもかかわらず、everFinanceは今のところユーザーのために補助金を払い、0.1ARだけ課金します。

wARの詳細についてはeverFinanceのMediumをご覧ください。また、Discordコミュニティに参加してフォローアップの質問をすることができます。


Join our
Telegram / Discord / Twitter / CN Twitter

Leave A Reply

Your email address will not be published.