Arweave.news

この夏、ArweaveとソラナのNFTが急成長した理由

0 121

Original by Xylophone

Degenerate Ape Academy, Solana Monkey Business, Aurory, Sollamas…

これらはソラナNFTエコシステムの中で最も成功したプロジェクトで、すべてArweaveを使用しています。

 

 

最近のマーケットに目を向けると、Arweaveとソラナの価格が一体となって上下していることに気づくでしょう。他のアルトとは異なり、投機はビットコインの影響を受けにくいです。Arweaveとソラナは密接にリンクしているのです。

まず、ソラナのブロックチェーンデータは、SOLAR Bridgeという仕組みでArweaveに保存されています。

SOLAR Bridgeは、香港に拠点を置くArweaveの支援・投資グループであるBering Watersが実現した、ソラナとArweaveの接続です。ブリッジは、ソラナブロックチェーンの台帳データをpermawebに段階的かつ自動的に格納し、ソラナの全台帳履歴を公共インフラで永続的に利用できるようにするものです。
solana.com/ecosystem/arweave

SOLARはGitcoinの助成金によって実現され、2020年7月にソラナMediumブログで発表されました。その1カ月後、TheLoneRoninがGitHubに提出したSolarweave Bridgeが受理され、本番テストが行われました。過去のソラナデータへの高速アクセスを提供することで、Arweaveはソラナバリデーターがフルノードを実行する必要性を排除します。需要の高まりにもかかわらず、ソラナのパフォーマンスを高く維持するために、Arweaveは重要な役割を果たしました。

ソラナはガス代が安く、1秒間に約65,000件のトランザクションを処理できることから、イーサリアムの明確な競合となります。唯一欠けているのはメインストリームへの採用かもしれませんが、ソラナはずっと新しいプロジェクトで、暗号通貨文化にまだそれほど深く浸透していません。NFTにとって、ソラナはより安く、より速く、より便利なものです。イーサリアムと同様、NFT資産はチェーン上に保存されませんが、多くのソラナプロジェクトでは、Arweaveがデフォルトの選択肢となっています。

なぜ多くのソラナNFTがArweaveに保存されているのでしょうか?前述の理由から、ソラナコミュニティでArweaveの認知度が高いことも一因でしょう。しかし、確実に言えるのは、その原動力の1つがMetaplexであるということです。

Metaplexは、クリエイターがソラナ上でArweave-mintable NFTをセットアップし、カスタマイズ可能なWebフロントエンドを使ってオークションを行うことを容易にするツール群です。その一例として夏の初めに取り上げたコレクションである、CryptoKickersがあります。

Metaplexのデフォルトのストレージ先はArweaveで、非常に価値の高い、404’ableな資産をオークションにかける際には当然の選択です。そして、JPEGの宣伝がソラナに広まったとき、Arweaveも一緒にすくい上げられたのです。この時点ですでにArweaveは、BeepleJAY-Zの最初のNFTのストレージレイヤーとして選ばれており、すでに認知されていたのです。

NFTの開発者がよく必要とする機能は、アセットをそれぞれのメタデータとともに一括アップロードし、その結果をURLとして取得する方法です。MetaplexのCandy Machine(コマンドラインツール)は、数回のコマンドでこれを簡単に実行でき、NFTのオークションに使用できるソラナ互換のスマートコントラクトを返します。

この方法のシンプルさにより、Solana Monkey Businessのようなプロジェクトは、スマートデフォルトとしてArweaveを採用することになったのです。

ソラナ上でNFTプロジェクトを立ち上げるための主要な方法として、私たちはこれを確信することができます。ソラナがNFTスペースでより多くの採用を見るほど、Arweaveはその見返りとしてより多くの採用を得ることができます。

 

Metaplex Candy Machineの発売以来、ネイティブツールを使ってNFT資産をArweaveに一括アップロードすることを容易にするために、エコシステムの飛躍的な進歩がもたらされました。これにより、プロジェクトはNFTを起動し取引するために使用したい最終的なチェーンを自由に選択することができます。

Josh Benaronのarbundlesに関するドキュメントが本日公開され、Arweaveにデータのバンドルを送信し、各資産のトランザクションIDを取得することがいかに簡単であるかが示されました。また、arkb (–use-bundler)を使ってバンドルすることを可能にすることもできます。

NFTのおかげで関連性が高いので、この記事に続き、近々データバンドルをpermawebにアップロードするための専用記事を作成する予定です。


Join our
Telegram / Discord / Twitter / JP Twitter

Leave A Reply

Your email address will not be published.