AN

クリプトはどれだけ環境に悪いか?PoW、PoS、Arweaveを検証

0 128

Original by Kate

クリプト批判はビットコインと同じくらい古いものですが、最近はより大きな声になっているようです。エコシステムを深く理解していない批評家が最も強い意見を持つ傾向があります。「クリプトは麻薬取引のためだけのもの」、あるいは平均的なクリプトユーザーの様々なプロファイルは、完全に固定観念に基づいています(尋ねる人によって、しばしば正反対になることがあります)。クリプトを嫌う人たちは、画一的な偏見に基づいてクリプトを追い求めるでしょう。

しかし、気候変動が叫ばれる中、クリプト、特にプルーフ・オブ・ワークは自然界にやさしくないという批判があります。

この調査によると、CO2排出量で最も環境に優しい支払い方法は、Mastercardと紙幣です。ETHやBTCのようなプルーフ・オブ・ワーククリプトは、当然のことながら、最も環境にやさしくありません。

このデータを別の文脈に置き換えると、国ではなくインフラに注目すると、最も電力を消費するブロックチェーンだけでは、金や銀行業界ほどエネルギーを消費していないことになります。

全体として、商品の支払い方法で気候変動に中立なものはありません。しかし、クリプトを悪魔とする汚名はどこから来るのでしょうか?

BTCは間違いなく最もグリーンでない単一通貨ですが、最もパワーを必要とする例を見て、他のトークンをすべて同じように判断するのは狭いアプローチです。

もちろん気候変動の危機の中で、環境に良い通貨とは何かという議論は重要です。しかし、その答えはそれほど明確なものではありません。私たちは、イノベーションを表面化させ、それについて話すことで、環境にやさしくない選択肢に取って代わるようにする必要があります。あるいは、気候変動に対する中立性を追求する市場に追いつくようにしなければなりません。

KLIMAは、Klima DAOが保有するカーボンクレジット市場への出資を表すポリゴンベースのトークンです。トークンからのリターンは、DAOがより多くのカーボンを購入し、より多くのKLIMAをミントすることを可能にします。KLIMAのステークで得られる高いAPYは、ユーザーがホールドするインセンティブとなり、ひいては従来の市場におけるカーボンの価格を押し上げ、グリーンウォッシング(うわべだけ環境保護に熱心にみせること)はより高価になり、カーボン・マイナス企業が得る報酬の価値はさらに高まります。

クリプトは環境にやさしくない、と言うこともできますが、それでは革新的でそのために努力しているすべてのクリプトを無視することになります。 また、より環境に優しい代替品への進歩を断ち切るものであり、議論に極めて不利である。 それに、現実的に考えて、この意見はほとんどTwitterやReddit(気候中立ではない)で、電話やラップトップ(確実に気候中立ではない)から、これも気候ニュートラルではない何らかのお金(先に学んだように、どんな形であれ)で発信されているのです。

考えてみれば、トークンをミントすることは、気候がいかに悪いかをTwitterのスレッドに書き込むのと同じくらい、気候に優しくないことかもしれません。

ですから、クリプトを気候の転換点として取り上げるのは、かえって損になるかもしれません。Klimaのように、気候変動に左右されない価値の保存方法が可能であり、実際の通貨としての用途が広いポリゴン上のトークンに交換することができます。このモデルに対する需要があり、業界全体を否定するのではなく、実際にこのモデルを持ち出す人がいれば、より多くのクリプトが取り入れない理由はありません。

クリプトが気候を破壊していると批判している人は、古い形のクリプトを話しています。好むと好まざるとにかかわらず、ますます普及しつつある決済形態です。レバノンではインフレのため、非公式にクリプトが国の通貨に取って代わられています。レバノン・ポンドよりも信頼性が高いため、人々は日用品の支払いにBTCを使用しています。

このような場合、人々の生活がかかっている時には、特権階級だけが気候問題を語ることができます(それでも自称ヒューマニタリアンの意見は右から左へと出てきます)。 しかし、ここでの議論は、BTCの人気だけがそれを可能にしたということです。基本的には、絶望的な状況にある人々に働く機会を与える、良いマーケティングだったのです。

全体像を見ると、白黒だけではないことを理解する必要があります。クリプトの中には自然を破壊するものもあり、選ぶ余裕があるときは使用を避けるべきでしょう。でも、こういう面はもっと話し続けるべきでしょう。環境に優しいクリプトのオプションに関する情報を見つけるのは難しいです。なぜなら、環境に優しいクリプト、あるいは気候変動に中立なクリプトを持つことは不可能だという説が主流だからです。クリプトは紙幣やデビットカードよりもさらに環境に優しいものになる可能性を秘めていますが、これは市場にとって壊滅的なことなのです。

例えば、Raspberry Piでミントできるプルーフ・オブ・ステーク・トークンであるTezosを見てみましょう。

Tezos-Nodesによると、執筆時点でTezosネットワークには約400のベーカー(ノード)が存在します。仮に、この数字が100倍(イーサリアムと同程度のノード数)になれば、世界に十分な供給能力が得られるとしても、使用する電力は本当に微々たるものです。

また、現実のお金ではなく、架空の利益であるという意見もあります。しかし、それがすべてではないのでしょうか。ヴィーガンソーセージは本物のソーセージではないと主張するようなもので、人々がこの代替手段を選んでいるという事実を無視するものです。豆乳は私たちが当初考えていたほど自然や動物にやさしくないので、グリーンウォッシングの話ができるのです。

しかしクリプトの場合は、時として、あるいは潜在的に、それほど自然にやさしくないというのがデフォルトの前提になっています。Arweaveの例では、ミントモデル全体を分解し、資源使用の面で持続可能なように全く革新的な方法で作られているため、グリーンウォッシングとは言えません。

そのため他の業界と同じように、私たちはそれを止めることはできませんが、もし変化を起こしたいのであれば、彼らの責任を追及する必要があります。これは環境に優しいオプションがどのように機能するかを、自分たちで教育することから始まります。例えば、Arweaveはトークンをミントする際に使用する資源を少なくしています。

また、データを永久保存することで、保存に必要な資源を削減し、地球温暖化防止に貢献します。つまり、通貨がより自然に優しい方法でミントされるだけでなく、エコシステム全体がより自然や経済に優しいモデルで動いているのです。つまり、経済にやさしいということは、気候にもやさしいということなのです。

Google Driveなどのストレージを毎月購入する場合、定期的な支払いを行う必要があります。ご存知のように、どのような支払い方法でも、環境に優しくない資源を使用することになるため、気候変動に中立的ではありません。Arweaveは、非友好的な資源を使うことを月単位や年単位ではなく、一度だけ購入するソリューションにしています。

また、月額課金制のように企業からデータを借りるのではなく、自分のデータは自分で持つことになります。つまり、Arweaveは、トークンのミント方法と支払いモデル自体において、より環境に優しい方法で、永久保存の代替手段を提供するのです。

ユースケースはさておき、Arweaveの生のマイニング部分に焦点を当てると、マイニングARが他のプルーフ・オブ・ワーク・チェーンと異なるのは、行われている作業が実際に有用であるということです。マイナーは、軽量なハッシュ関数を実行してファイルを見つけ、インデックスを付けます。ネットワークが求める本当の「プルーフ(証明)」は、要求されたファイルがマイナーのマシンに実際に保存されていることです。

「『ARマイニングの場合、必要なCPUパワー』は最小限です。今のプルーフ(証明)は、ストレージの最小限のプルーフ(証明)であり、具体的な動作のプルーフ(証明)ができたので、それが最大のポイントです。巨大なマイナー集団がプロトコルを人質に取ることがないため、完璧になるまで改良することが可能です。彼らのASICsは役に立ちません」 と、JF氏、Arweaveエコシステム開発者、arweave.appの作成者は言います。

環境にとってより良いクリプトをサポートする方法を知り、選択肢について情報を得て、(通貨としてのBTCや、ストレージとしてのGoogle Driveよりも)より環境に優しいものを選ぶことで、市場はより環境に優しく、気候ニュートラルなソリューションへと向かっていくのです。需要が市場を作るのであって、その逆ではありません。私たちは、1つの選択肢から選ぶことに翻弄されているわけではありません。市場は無数のコインで構成されているのです。 ミーム犬の名を冠したものや、文字通りPooコインと呼ばれるものが買えるとしたら、それは市場が全方位に拡大していることを示すに過ぎないのです。問題は、どれを選び、どれを正しい方向に推し進めるかなのです。

DAOの仕組みと同じように、私たちは市場やその方向性について発言権があるので、それをうまく利用することが必要です。人々はクリプトとは何か、何のためにあるのかという偏見を持ち、ほぼすべての人がより一般的に使用している、同じように気候にダメージを与えるものよりも厳しく判断するでしょう。解決策は、いつも通り、適応し、成長し、進化することです。

要するに、賞味期限切れの議論でクリプトを誹謗中傷しても、変革は起きないということです。情報がなければ、情報に基づいた意思決定をすることはできません。本当に役に立つ議論は、自分たちが何を話しているのかを知り、ニュースや動向を把握することで初めて可能になります。そうして初めて、私たちは実際に何かを成し遂げることができるのです。なぜなら現実的に考えて、進歩的な世界のあらゆるものと同じようにクリプトはどこにも行かないので、私たちにできることはそれを説明できるようにすることだけだからです。


Join our
Telegram / Discord / Twitter / JP Twitter

Leave A Reply

Your email address will not be published.