Arweave.news

Arweaveを無料で始める方法

0 321

Original by Az

Dropbox、Google Drive、iCloudにデータを保存するために毎月料金を支払うことにうんざり。一度支払えば、データを失うことなく永久に保存できる方法があればと思いませんか?信じられないほど近未来的な話ですよね?でも、そんなことはありません。ストレージデータの処理を簡単にする方法があります。

未来はすでにここにあり、まさにそれを実現するストレージシステムがあります。その名もArweave!今すぐ、しかも無料で使い始めることができるのです。

Arweaveとは?

Arweaveは、世界中の複数のコンピュータ(ノード)にデータを保存し、ネットワークを純粋に非中央集権化したイミュータブル・ブロックチェーンです。中央の障害点がないため、アカウントからロックアウトされたり、データが失われたりするリスクはありません。

ノードには、送信されたデータを永久に保存するインセンティブがあります。なぜなら、データをアップロードするために通常支払われる手数料は、まさにそのためのものだからです。この費用は、Arweaveのネイティブ・トークンであるARという形で支払われます。

この記事では、無料でアップロードするための方法を中心に紹介するため、Arweaveの紹介は簡潔にします。 Arweaveについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

それでは、最初に必要なツールであるウォレットについて説明します。

ArConnect

ArConnectはノンカストディアルのデジタル通貨ウォレットで、ARトークンを保管するために使用することになります。現在までに15,000人以上が利用しています。トークンを保管する以外にも、ArConnectはそれをサポートする分散型アプリにログインするために使用することができます。Chrome、Firefox、Microsoft Edge、Brave用のウェブブラウザ拡張機能という形で提供されます。インストールするには、こちらのウェブサイトにアクセスしてください。

ウォレットを生成する

ブラウザの拡張機能として ArConnect をインストールすると、パスワードの 設定を促すページが開くはずです。ページが自動的に開かない場合は、以下の手順で ArConnect エクステンションを検索してください。

  • Firefox で「ツール」をクリックし、「アドオン」をクリックします。アドオンウインドウでは、インストールされている全てのアドオンを 表示し、カスタマイズすることができます。
  • Chrome の場合、Chrome のアドレスバーに chrome://plugins と入力し、Enter キーを押します。
  • Braveの場合、「メニュー」→「その他のツール」→「拡張機能」を選択します。
  • Microsoft Edge では、ブラウザの右上にある 3 つの横長のドットメニューアイコン をクリックし、「拡張機能」を選択します。

ArConnectのパスワードを求めるページが表示されたら、パスワードを設定し、作成を押してください。

次に、create a new wallet を選択し、最初のウォレットを生成します。

次に、あなたの12文字のシードフレーズが表示されます。これを紙に書いて、誰にもアクセスさせないように大切に保管してください。

また、「キーファイルをダウンロード」をクリックすると、テキスト版のウォレットがデバイスにダウンロードされます。

これはあなたのウォレットにアクセスするためのキーとなります。

重要:このファイルはシードフレーズとして安全に保管し、できればUSBメモリのような外部ストレージに保存しておきたいものです。もしこのファイルをデバイスに保存し、誰かがデバイスとキーファイルまたはシードフレーズにアクセスした場合、彼らはあなたのウォレットの内容をすべて盗むことができるようになります。

次に、キーファイルのロードをクリックし、新しく作成した Arweave ウォレットを ArConnect にロードします。

  • 12 単語のシードフレーズを入力、または
  • ファイルシステムからキーファイルを読み込むを選択します。

これで完了です。ArConnect エクステンションをクリックすると、作成されたばかりのウォレットに 0AR の残高がロードされているのが確認できるはずです。
ArConnect では、赤枠で囲ったボタンをクリックすると、あなたのパブリックキーをコピーすることができ、AR を送りたい人に渡すことができます。あなたの一般的なケアは、青いボックスで見ることができます。

(スクリーンショットではテストウォレットからのキーを空白にしています)

ArConnect をサポートするアプリケーションにアクセスすると、ArConnect 経由で dApp にアクセスするよう促すボタンが表示されるはずです。dApp が ArConnect に対応していない場合は、ファイルシステムからキーファイルをロードしてログインするオプションもあります。

ArConnect のセットアップで問題が発生した場合は、Never Have I Ever Tried… シリーズの冒頭でご紹介したインストール方法の専用記事をご確認ください。

100kb 未満の無料トランザクション

ArConnectとVertoは数日前、Arweaveのコアチームとともに、ArConnect経由でdAppに接続されたウォレットから来る100kB以下のトランザクションは無料になると発表しました。しかしこれは完全にオプションであり、この機能が動作するために開発者がdAppで変更する必要がある1行のコードがあるため、開発者に依存しています。

どのdAppがこの機能を提供しているのかが分かり次第、Twitterアカウントでお知らせします。ぜひフォローし、通知ベルをオンにしてください。しかし約束通り、Arweaveを無料で試すために無料のArweaveトークンを手に入れることは可能です。

無料トークンの入手

私たちはArweaveの蛇口(無料トークン配布ページ)を活用して、無料で割り当てられたARトークンを手に入れることができる予定です。記事執筆時点では、0.02ARです。そのためには、無料のツイッターアカウントが必要です。

このプロセスでは、ゼロから新しいウォレットをセットアップし、そこに直接ARトークンを送ってもらうことができます。続いて、テストとして1つのウォレットからもう1つのウォレットにトークンを送ってみます。

まず、こちらの蛇口(無料トークン配布ページ)に向かいます。説明に同意して、続けるをクリックします。

次のページでメッセージを読んだことを承諾するためにチェックを入れます。そうしたら、download walletをクリックします。上記と同じで、これで別のキーファイルが端末にダウンロードされます。

その後は次のページで、「OPEN TWEET POP-UP」を押してください。すると、トークンを送るために必要なツイートメッセージがこのように自動的に生成されます↓

“I’m verifying my Arweave address XXXXXXXXX”

Pop-UpのTweetを押して、蛇口(無料トークン配布ページ)のページに戻ってください。しばらくすると、完了したという内容のメッセージが表示され、あなたのウォレットにトークンが投入されます。

トークンを送信する

ArConnect のアカウント名の隣にある下矢印をクリックします。

そして新しいウォレットを追加するために +シンボルをクリックすれば、ArConnect が再び開かれます。プロンプトが表示されたらログインし、先程と同様にLoad Keyfile from the filesystem(ファイルシステムからキーファイルを読み込む)を選択します。Arweaveの蛇口(無料トークン配布ページ)からダウンロードしたキーファイルを探すと、ArConnectに表示されるはずです。

それでは、2つ目のウォレットから1つ目のウォレットにARトークンを送ってみましょう。ArConnectで下矢印を押して1つ目のウォレットを選択し、パブリックアドレスをコピーしてください。次に、無料トークンのある2番目のウォレットに戻ります。送信を押してください。

ArConnect内で開いたページで、最初のウォレットのアドレスをSend To Addressフィールドに貼り付けます。MAXを押して、無料で手に入れたトークンの総量を選択し、2つ目のウォレットに送ります。その後、Send ARを押します。

通常、あるウォレットから他のウォレットへトークンを送るだけでもAR手数料が発生します。しかし前述したように、ArConnectを使った100kB以下のトランザクションは、特定のdApps内では無料です。さて、単純なトークン取引のサイズは100kB以下であり、Verto Exchangeはすでにこの機能を有効にしています。

この機能が無効になっていると、送信量を選択する画面に極小の取引手数料が表示されることがあります。ネットワークの混雑状況にもよりますが、主に少額の取引であるため、取引に時間がかかることがあります。しかし、しばらくすると、最初のウォレットに無料のトークンが表示されるはずです。

ARをどこで使って、どこで買い足すか

ここではArweave上で構築された、そして構築されているさまざまなdAppsの例を紹介します。

構築中のdAppsやエコシステムからのニュースを知りたい方は、Twitterでフォローし、通知をオンにしていただければ、常に最新情報をお届けすることができます。

Verto Exchangeを含め、アメリカなどでARトークンを購入できる場所を確認したい場合は、こちらの記事をご覧ください。


Join our
Telegram / Discord / Twitter / JP Twitter

Leave A Reply

Your email address will not be published.