AN

Arweaveは、トランザクション量とゲートウェイリクエストで過去最高を記録

0 140

Original by Xylophone

この2カ月間、Arweaveではトランザクションとゲートウェイのアクティビティが次々急増しています。

6月25日には83,664件の取引があり、様々なNFTミントプロジェクトや禁止されている香港のメディア、Apple Dailyのアーカイブが急増しています。

8月11日、Arweaveは過去最高の87,314件の取引を記録しました。これは、ipfs2arweaveによって大量のIPFS資産がArweaveにブリッジされたことが一因となっています。

8月14日から15日にかけての48時間で、18万件以上の取引が行われ、これまでの最高値を記録しました。

最近の取引急増の背景とは?

対象となるいくつかのウォレットとトランザクションタグに対して、時系列で出来高を追跡してみた結果、JPEGサマー2021のNFTブームが、Arweaveの人気爆発に影響していることがわかりました。

8月14日から15日にかけて、SolanartのNFTプロジェクト「Degen Ape Academy」から大きな収穫がありました。

Arweaveでソラナ社製のDegen Apesを保管している1つのウォレットから20,248件の取引が確認され、ソラナ社のNFT市場からも同様に多くの取引があることが示唆されたのです。

さらに2つのSolana NFTプロジェクト、SollamasとSolanaDogesは、ミントが進むにつれ、大量のメタデータとアセットをブロックウィーブに追加しています。Arweaveは、特にSolanaにおける恒久的なNFTの事実上の本拠地へと急速に移行しつつあり、従来はIPFSに依存していたプロジェクトを引きつけているようです。

Arweave.netのトライアル・バイ・ファイア

8月15日に発売された「Degen Ape Academy」は、発売後8分で完売した待望のプロジェクトです。

Arweave.netは通常、1日に6000万件、1秒間に約700件のリクエストがあります。しかし、「Degen Ape Academy」では、ピーク時に1分間で100万件のリクエストをゲートウェイに送信し、通常時の2280%増となった。

Arweave.netは最も利用されているゲートウェイであるため、すでに負荷が高く、今回のような大きな上昇が発生した場合に一時的に利用できなくなるのを避けるために、バランスを取る必要があったのです。

Arweaveゲートウェイはネットワークにおける一元化のポイントですが、そのようなものである必要はないのです。誰でもゲートウェイを運営することができ、ARをマイニングしたり、ネットワークにアップロードされたコンテンツのサーバーとして機能させることができるのと同じです。

Arweaveチームは、ゲートウェイをより分散化し、負荷分散に優れたものにするために、この1日だけでも多くのことを行ってきました。

Arweaveゲートウェイは20倍の負荷に対応できるように最適化

Degen Ape Academyの嵐の後、ArweaveチームはArweave.netから負荷を取り除き、meson.networkmedia.networkに分散させるために迅速に作業しました。これらは、インセンティブを持つピアのネットワークで自動的に負荷を管理する2つの分散型CDNで、Mesonだけでも執筆時点で単独で4万以上のノードを有しています。

ArweaveはMesonおよびMedia Networkと協力し、それぞれのArweaveゲートウェイのデフォルトをArweave.netから変更し、Degen ApesのホストSolanartがMesonに移行するのを支援しました。これにより、トラフィックの大部分がより広い範囲のノードに送られ、より分散化され、高負荷時のパフォーマンスが改善されました。

分散型ゲートウェイの将来計画

ブロックウィーブに保存されたコンテンツに、ユーザーがアクセスする方法をさらに分散化するために、すべてのアプリケーションが独自のゲートウェイを実行・管理することは簡単であるべきです。そのためArweaveチームは、Arweave.netのフォークであるAmplifyをベースに、アプリケーション固有のゲートウェイであるVartexをDocker化された方法でデプロイする方法を研究してきました。

Arweave Multihost は、Arweave をアプリケーションに統合する通常の方法のドロップイン代替品で、Redstone のチームによって最近リリースされたもう一つのイノベーションです。開発者が単一のホストを定義する代わりに、Arweave Multihostはゲートウェイの配列を引数としてArweaveの初期化をサポートします。これは、もしあるゲートウェイがダウンしたり、応答が遅すぎたりした場合、リクエストはリストの次のゲートウェイで再試行されることを意味します。これがもたらす信頼性の向上は、permawebアプリケーションの開発者に、host: ‘arweave.net’ の定義を超えて、代わりに信頼できるゲートウェイのリストを使うように促すはずです。

すべてのアプリケーションがゲートウェイ間で実行されるか、動的に切り替わるようになれば、Arweaveはパーマウェブから最後の集中型障害点を取り除くという大きな飛躍を遂げたことになります。


Join our
Telegram / Discord / Twitter / JP Twitter

Leave A Reply

Your email address will not be published.