AN

ArweaveはWeb1.0の哲学を踏まえたWeb3.0へ

0 805

Translated by Kei.

Original by Xylophone

ウェブの最初の構想は、ボトムアップの制御、最大の実験、健全な分散化という、許可不要のユートピアでした。ウェブの発明者であるTim Berners-Leeは、2000に「これはウェブであって、階層構造ではない」と書いています。

初期のWeb(Web 1.0)はこの説明にぴったりで、個人サイト、情報リポジトリ、ファイル共有サーバー、掲示板が乱立し、検閲不能で中央障害点がないように設計されていました。

20年後、一握りのクラウドホスティング企業がウェブの大部分と主要サービスのほとんどを運営しています。Facebook、Amazon、Netflixなどの主要サービスは、世界のトラフィックの大部分を占めています。Web 2.0は、少数の独占的なプラットフォームが少数の独占的なサーバー上で動作する世界へと私たちを導き出しました。

しかし、Web3.0のインフラとしてのArweaveの有用性は、失われたWeb1.0の理想を取り戻すことができるのです。

「誰かがウェブを独占しようとすれば、例えばネットワークプロトコルの独自仕様を押し通せば、それは戦いになります。」

2000で、Berners-Leeは、反ユーザー的で相互運用性のないものになるのは、ネットワークプロトコルではなく、ソーシャルプロトコルであることを予見していなかったのです。

「人々の相互作用を支配する規範や法律を束縛しない方法でプロトコルを定義する。私たちが定義するのはメカニズムであって、ポリシーではないのです。」という目標を掲げて。聞き覚えはありませんか?

Web2はユーザーを自分たちのエコシステムの中に閉じ込めておくためにサイロを作りました。Mediumはユーザーコンテンツを自社のサーバとドメインに保持し、収益化レイヤーを追加する時に手が届くようにしました。TwitterはAPIへのアクセスを徐々に遮断し、プラットフォームの上に構築したり、「無許可」の方法でアプリとやりとりすることを難しくしていきました。

プラットフォームは出版物へと移行し、管理者は編集者の役割を果たし、真実をキュレーションするようになりました。Web2は、Web1から引き継いだ仕組みの上にポリシーを定義しました。

20年かかりましたが、私たちは今、Berners-Leeが予言した戦いを見ています。2021年は、FacebookやTwitterといったWeb2の有力プレイヤーが、インターネットに参加するユーザーが全体的に増えているにもかかわらず、ユーザー数がマイナスになる最初の年なのです。

それは、権利を奪われたユーザーがweb3に流出したからではないかもしれません。しかし、web3の代替案は並行して開発されており、製品-市場適合性とネットワーク効果が、暗号の普及という「引き」の要因と、web2の利益追求、支配権獲得、webの本来の理想からの剥離という「押し」の要因によって、触媒されるのを待っているのです。

ドメイン名の管理、IDの管理

「ドメイン名は(中略)希少で交換不可能な資源であり、(中略)国民全体が主に所有することが不可欠である。(中略)インターネットにおける一般的なルールは、分散化によって中央政府が不要になることです」 – Tim Berners-Lee

分散化はウェブの設計上の選択ですが、中核となるID層へのアクセスは、責任を負わない営利目的の集中管理団体によって制限されました。Web2のアイデンティティ層(電子メールアドレスやソーシャルハンドル)も同じ道をたどりました。

現在、Web3では、NFTによってユーザーが再びコントロールできるようになりました。NFT以前は、デジタル資産(あるいは物理的な財産)の所有権の証明は仲介者に依存していました。仲介者は記録をチェックし、あなたがある家や金塊の正当な所有者であることを確認します。この仲介者は、所有権の記録に異議を唱えたり、検閲したりする利害関係者や能力を持たないコードであり、恒久的で信頼できる台帳となります。

MyMailはNFTとして電子メールのアイデンティティを開発しており、decent.landは複数のpermaweb dAppsにわたって共有アイデンティティとして機能するArweave Name Service(ANS)プロトコルを構築しています。Arweaveは、ベースレイヤー、アイデンティティレイヤー、コントラクトレイヤーにまたがる有用性を持っています。

Web3.0を多層的に展開するArweave

Arweaveはパラレルウェブです。データはアプリをまたいで許可なくアクセスできます。データの永続性と検証可能性により、管理者によるコンテンツの検閲や削除は不可能であり、すべての活動はオープンに不滅です。

オープンという特徴だけでも、このモデルはすでに今日あるものよりもウェブの本来のビジョンに近いと言えます。その上にユーザーがコントロールする経済性を加え、積極的な交流に金銭的なインセンティブを与えることで、運営者にとっては経済的に成り立ち、ユーザーから搾取する理由もなくなります。

Arweaveは情報のオープンバザールとして利用するだけでなく、他のチェーンからのあらゆるデータのストレージレイヤーでもあります。Solana、Polygon、Ethereum上のNFTは、メタデータとアセットを保存するためにArweaveに依存しています。チェーン自身もArweaveに履歴を保存してノードの負担を軽減し、低コストでより広くデータにアクセスできるようにしています。UniswapやSynthetixのようなツールのための検閲に強いフロントエンドは、Arweave上で永続的にホストされています。そしてこれらは、最も明白なユースケースに過ぎません。

Web 3.0 dAppsが繁栄できるのは、その価値がユーザーからの搾取からではなく、利益共有トークン(PST)の価値発生から得られるからです。ArDriveやVertoのようなArweave利益共有コミュニティ(PSC)プロジェクトは通常、取引にARでチップを課し、その利益をトークン保有者に分配しています。プロジェクトが成功すればするほど、PSTの将来的な投機的価値は高まります。プロジェクトは、ユーザーを圧迫する必要性から、単に資産の価値を高め、ユーザーにプロジェクトに対する真の利害関係を与えるようになるのです。

ほとんどのブロックチェーンはストレージ用には作られていませんが、ウェブは多くのストレージを必要としています。ウェブ3.0アプリの採用が進み、ウェブ3.0の哲学が受け入れられるようになると、中央集権的な制御と失敗のポイントはなくなり始めるでしょう。私たちは、新しいウェブ、つまり、ウェブ1.0のユートピア的価値観に近く、かつ、ユーザーにさらに多くのパワーを還元するダイナミックなウェブに向かって進んでいるのです。


Join our
Telegram / Discord / Twitter / JP Twitter

Leave A Reply

Your email address will not be published.