AN

AlgorandとFantomはArweaveのLayer 0を必要とするか?

0 126

 

Original by Xylophone

ファスト・バイ・デザインチェーンが普及し、拡張性が向上するにつれ、ある種の要件が産業用/企業用ノード以外には重すぎて満たせないという問題にぶつかるのは必然的なことです。ストレージ、つまり取引の全台帳の証明もその要件の一つです。

ここ1年のイーサリアムとビットコインのブロックチェーンサイズの伸びは、AlgorandやFantomのような高処理チェーンと比べると、相対的に低いものでした。

イーサリアムは創業以来1テラバイト強のデータを蓄積してきましたが、Algorandの容量により、わずか1年で300TBを追加することが可能であり、アーカイブノードの運用価格は多くの人にとって手の届かないものに一気に押し上げられるでしょう。

Algorandは、Solanaと同様に、ノードが短い履歴の記録を残し、台帳全体を別の場所にオフロードすることに依存しています。Solanaの場合、ブロックチェーンの履歴は、SOLAR BridgeとKYVEの両方を経由してArweaveに保存されます。

2021年5月現在、Algorandのアーカイブノード運営者は、全台帳のサイズを766GBと報告しています。この規模では、すでにビットコインの2倍であり、Algorandは毎日1TBに近い使用量に達すると、チェーンサイズを急速に拡大します。

(出典:BTCETHMOVRAVAXFTMATOMALGOSOL)

このチャートは、パフォーマンスに最適化された最新のL1の潜在的な1秒あたりのトランザクション(TPS)を、比較のためにBTCとETHで示したものです。グレーのバーは、すでにArweaveをストレージとして利用しているチェーン店です。TPSは、ブロックチェーンの相対的な予測サイズを示す一般的な指標です。

AGLOとFTMが最終的にブロックチェーンデータのために分散型ストレージソリューションを採用する必要があることを補強するために、AVAXやMOVRといったFTMやALGOのTPSよりはるかに下のチェーンでさえ、過去のデータをアーカイブする方法としてKYVEに投資しているのです。

FTMALGOを取り上げた最近の2つのCoinbureauビデオで、Guy氏は両チェーンともストレージにArweaveを使用することで利益を得られると指摘しています。そして、ここ数週間、この方向に進むチェーンが増えてきています。

Solanaが独自に開発したArweaveの統合製品「SOLAR Bridge」は、実は完全な中央集権型だったのです。その後、KYVEが分散型プルーフオブステークシステムと結びついた同様の機能を備えて登場しました。KYVEは現在、Avalanche、Moonriver、Cosmosのブロックチェーン履歴をアーカイブしており、Solanaはその途中にあります。

Arweaveのレイヤー0としての採用を促進するため、KYVEは最近、Celo、Mina、Aurora、MoonriverといったArweaveをストレージに使用する予定のベンチャーファンドやブロックチェーンから280万ドルを調達しました。

Arweaveがブロックチェーンデータのデフォルトの保存先になるという予測を目にすることが多くなっています。ArweaveとKYVEが「レイヤー0」である理由についての詳細な分析はこちらからご覧ください


Join our
Telegram / Discord / Twitter / JP Twitter

Leave A Reply

Your email address will not be published.